というわけで今年も某MKK3000氏と旅行の計画をしていたのですが
GWは色々あって結局流れてなんだかんだで
やっと予定が立ったのが7月

今回は浜松から渥美半島からフェリーで鳥羽に抜けて伊勢入り
…とか考えてたんですが結局普通に陸路で行くことになりました

でも、フェリー使うのやめたんだから集合場所
名古屋か伊勢でよかったんじゃね

というわけで浜松到着

今回は僕とMKK3000氏とまさみねこ氏としゃおら氏とシリーウォーカー氏とO氏の6人
でも、O氏が乗る新幹線を間違えてしまったので
伊勢で直接落ち合うことになりました

あらぁ


人生で一度は行かなきゃ伊勢参り2011
pinky版ははまだまってねー


というわけで一路浜松から伊勢へ
伊勢と言ったらもちろん伊勢神宮
でも、摂社管理社全部回ってられないので
今回は外宮と本宮のみの予定です

べつに三日完全ぶつかって全部回るんでも僕はかまわなかったけどねー

伊勢でO氏と合流したら先ずは伊勢うどん
伊勢のうどんは腰のないやわらかいもっちりした麺が特徴です

長旅をしてきた旅人の体をいたわったとも
とにかく人が来るのでどんどん煮てたともいわれますが
ボリュームがありながらスルスルと入っていくのはうれしいですね

さて腹ごしらえをしたら先ずは近くの外宮
ううむ、改めてみると本宮って結構離れてるんだな

というわけで外宮に到着
流石にこの一帯だけうっそうと木々が生い茂っています

道なりに進んでいくと神楽殿が見えてきました
ココを右に折れると…

板塀に囲われた正宮に到着
あの鳥居より内側は神域なので写真撮影はNGなのです

でも外からちょっと見える分には不可抗力だよねってことでもう一枚チェキ!!

伊勢は前から計画してたんだけどなかなか機会がなくて
今回やっとこれたので地味に一人で舞い上がっています
舞い上がりつつもお参りを済ませたらさらに奥へと進みますよ

この石橋は亀に見えるから亀橋
実はパワースポットらしい

パワースポットと言えば、正宮の前に
三ツ石という式年遷宮の時にお払いをする場所があって
オバちゃんの集団が手をかざしまくっていたのですが

なぜか写真残ってないので割愛

そんなわけで別宮、風宮の脇を通って先ずは土宮へ

正宮もですが別宮にも横に古殿地があります
遷宮の時は正宮だけでなく14の別宮もすべて立て替えるので
そのための敷地だったと思う

ちなみに遷宮の時に出た古い健在は日本各地の神社で再利用されるんだよね

古殿地の奥にある小さな覆屋は何かなあって思ってたんだけど
なかには心御柱と呼ばれる神の依代となる古材を覆っているそうです


そんなわけで風宮へ
正面に名前のかいた腑fだが立ってるからわかるけど
なかったら間違いなくどれがどれかわからなくなるよ

そしてそのまま一番奥にある多賀宮へ
駅近なのになんか凄い山ぶかいところに来たような錯覚

というわけで戻ってきました〜
池ナメで正宮

そして来た時とは逆の勾玉池へと向かいますよ

勾…

えーっ
なんか建築中で勾玉池が見えない!!

どっかま割り込めないかなあって思ったけど
めぼしいところはフェンスで覆われてるようですとほー

しょうがないので内宮へと向かいますよ。
先ずはおかげ横丁

おかげ横丁に着く前に思わず露天の松坂牛串ゲット!!
伊勢は松坂が近いから牛を見かけたら喰わないと!!

そしてそのままおかげ横丁へ
以前赤福の事件があったとき
赤福以外のお土産が色々紹介されてたんだけど
どんなのがあったか思い出せずに結局赤福買ってたわ

いや、名古屋でも買えるけどさ、赤福

とおりから川のほうに出ると一気に視界が開けるなあ…

MKK3000氏がチェック入れていた豚捨へむかいますよ
「豚」というけど牛肉のコロッケをゲット

牛肉に拘って豚を捨てたから豚捨という
老舗のお店だそうです。美味美味

そしてふたたびウロウロしつつおかげ横丁から自動車道のほうへ
このあたりは洋風建築多くていいね

そしていつもどうりマンホールちぇきー

こういう灯篭は夜明かりがつくのかしらん??

そんなわけで国道23号線の終点に着いた先には

内宮〜

TVKで式年遷宮の橋の架け替えのドキュメンタリーしてたの思い出すわぁ

こういうの見るとサクッと回れそうだけど
実際はそんなさくさくとはいかない

御手洗場と滝祭神へ向かって
風日祈宮から正宮へと向かうことにしました

御手洗場といってもトイレがではなく
神社の入り口にあるあれです
この川の水で手を清めてからってことですね

そして水場を見るとお金を投げ込まずにはいられないのは日本人の性らしい

滝祭神は名前からして水関係の神様でしょうか

そして風日祈宮へと向かいますよ
この辺はさらに山深い雰囲気
へいちなのにね

別宮周辺に来ると急に空間が開けて明るくなります
なんと言う空間演出

では神楽殿の前を抜けて正宮へと向かいます

結構ねあちこちにでかい木があって
でも、なかなか正宮が見えてこないんですよ

とか言ってるうちに正宮の正面に着いた??

振り返ると階段の上のほうに正宮が
ココももちろん壁の向こうは写真撮影禁止です

歩いてる時にずーっと片側にこの壁見えてたわ
この壁の向こう全部が正宮。広いわぁ

伊勢神宮がこの場所に落ち着くまでは
あっち行ったりこっち行ったりしてたはずだけど
コレだけまとまって土地があったってのも
ここに落ち着けた一つの理由だったのかもしれないですね

とか妄想しつつお参りを済ませて
まだ回ってないところをまわりますよ
実際もう結構遅い時間なので暗くなる前に
回りきっちゃわないと

御稲御蔵は教科書に載っていそうな高床式

外幣殿も高床ですね
見た目どうり倉庫なのかな?

そして荒祭宮へ
名前からしてちょっと怖い神様?

なんかトイレ寄ろうとしたら鶏が放し飼いになってる!!

結構な数の鶏がうろついててちょっとびっくり
夜分中に何かいると思ったら鶏なんだもん
やはり時を告げる鳥なので大事にされてるんでしょうか

そんなわけでホテルに到着ー
地味に古い所為か空調が凄いうるさい

そしてそのままのみへGO
この日海のほうで花火やってたらしくって
お客が皆中継に釘付けでした

午後から回ってるからそんなおなか減ってないと思いきや
伊勢うどんは消化にいいので
そんなにもたれてないよ


二日目その一
二日目その二
三日目


戻る なんかありましたら以下まで… misuzugxあっとexcite.co.jp