北海道釧路日記2006(一)
pinkyなくちゃいやジャー!!…って人は
こちら


7月末といえばコミケの準備で忙しい時節ではありますが
岡山から帰ったあたりからムクムクと北海道熱が再発
やはりココはコミケ前にヒトイキ北海道に行ってこなくては
どうにも気持ちが収まらぬ!!

そんなわけで先日の予告どうり、突発気味に北海道です
今回は去年行くのを止めた阿寒湖をメインに道東一巡り!!

…どうでもいいけど、この時期だったら
ポロトコタンの夜に申し込めたよね
一寸しまったってなもんだ人生


そんなこんなで釧路空港に到着
飛行機は離陸よりも着陸の方が面白いと思うのは僕だけでしょうか??
夏とはいえ北海道だから関東よりも涼しいだろって思ってたら

気温18度…寒っ!!

今回、ギリギリまでどう回るかが決まらなかったのですが
とりあえず初日にメインの阿寒湖でラス日に釧路市内と湿原!!
…とかざっくり考えていたのですが

資料館とか博物館って月曜休館じゃねえかい

市内なら送迎バスだけど、もうレンタカー予約しちゃってるし、
いっそ市内は今回完全スルーでも良かったんですが
アイヌ関連の展示がある釧路市博物館は回っておきたかったので
多少予定を変更して先ず市内へと向かうことにしました

たまに予約とかちゃんとするとコレだよもうっ(苦笑)

多少渋滞にはまりながらも博物館に到着
湿原の成り立ち動物相植物相のの解説と標本展示を
まるっと早歩きで流してアイヌ民族コーナーを目指します

これで展示が少なかったら
わざわざ市内に行き先を変えた意味が無いのですが
予想以上に数があってほっと一安心

車止めのある狭い歩道を「直進しろ」と
無茶を言うカーナビと格闘しながらやってきたカイがあったというものです。

博物館の正面にある学校は博物館と同じ人がデザインをしたとかなんとか
この方のデザインした建物が釧路中にあるらしく
散策MAPを職員の方にいただいたのですが…
とてもじゃないけどそんな時間はなさそうなのでスルー

そういえば、正面の春取湖にも砦跡などの
遺跡があったらしいのですが見に行くの忘れていました

折角市内まで来たのにこのままスルーしまくりなのも悔しいので
釧路で最も古い木造家屋、米町ふるさと館に寄り道することにしました

釧路市内だとMOOとか勝手丼を喰いに行くとかあるはずなのですが
まあ、今回その辺は完全スルーってことで
でも勝手丼が食える釧路和商市場ってホテルの近くだったんだよね…くそう

米町公園の展望台でしばらくぶらついて
次の目的地、北斗遺跡展示館へと向かうことにしました

空港からなら15分なのに市内からだと偉い遠回りですよほんとに

釧路湿原に戻って釧路市展望台へと続く道をちょいって横道に降りて展示館に到着
場所はともかく道がナビに表示されていなかったので
変なところでUターンする羽目に。くそうっ
資料館をぐるって回ったら裏口から遺跡への遊歩道へ

そこらじゅう腐り落ちている遊歩道。
一寸歩くのにきけんですね

「熊出没注意!!」の立て看を横目に15分ほど突き進んで復元遺跡に到着しました
資料館によると、湿原中にこういった集落の跡が散らばっているらしく
住むに都合の良い地域だったようです

遺跡内まで降りてくると、一帯に薪の臭い
かやぶき屋根保全の為に中で火を焚いているようです
この手の屋根は中で常に火を焚かないとすぐ駄目になるんですよ

今見たら復元住居の写真、ピンキー用しか撮って無かったよ
住居入口横の白いのは喚起用の穴、煙突らしいです

北斗遺跡から釧路湿原展望台まで遊歩道で繋がっているので
歩いていっても良かったのですが
また歩いてココまで戻らなくちゃイカンのが面倒なので
サクサク資料館まで戻ってサッと展望台に到着

言わなくても解るかもしれませんが、
ココも博物館と同じ人のデザインです。

入口の売店の芋団子で一息ついたら
先ずは展望台の上から湿原をチェキ!!
とにかくその広大さに声も出ませんね

展望台から降りたら駐車場横から続く遊歩道を降りて
湿原をさらに間近に望みます

ちゅうか、なんかマジで最近こんなのばっかり

遊歩道随所にある展望台からの眺めは圧巻
写真左下の直線のラインは開拓時代の駅馬車道だそうで
さっきの北斗遺跡と展望台・そしてその先のネイチャーセンターまで
繋がっていて、湿原内を歩くことが出来るのですが…

やっぱ行けばよかったかなあ。

折角なので目に付いた花でもチェキ




展望コースを回ったところで他の展望台に行くか
やはり下の馬車道まで降りるか、一寸悩みましたが

ココは多少無理でも一度アイヌコタンまで行っておきたい!!
今回の予定変更で阿寒湖はラス日に行くことにしたのですが
まあ、一度行くのも二度行くのも同じこと
っていうか、アイヌコタンメインの旅行初日にアイヌコタン行かずにどうするってんですかいっ!!

…って訳で、レンタカーの返却時間ギリギリ気味なので
本当にうろつくぐらいしか出来なさそうでしたが
とりあえずアイヌコタンで御飯だけでも食べたかったので
それ目的にコタンまでやって着ました

阿寒湖は高校の修学旅行で一度来てるのですが
どうもアイヌコタンに立ち寄った記憶がありません
おかしいなあ…流石に寄らなかったってこたあないと思うんだけど

お土産屋をぐるっと一回り
去年アイヌ文様のはっぴなどで思わず浪費しまくってしまったので
今年はマタンプシなど思わず買い込まないように自制しまくり
いや、あと2〜3着ほど衣装買い込んでもいいんだけど
着る機会ないんだよね。
コミケで着てもいいんだけど

何処からがコスプレ扱いになるんだろう??
上に羽織ってるだけなら怒られないかな??

一回りしたらコタン丼で軽く腹ごしらえ
味噌汁に見えるものは鮭(?)の出汁と香りが凄かったので
味噌風味のオハウってとこなんじゃないでしょうか

コタンの入口で5時の回の古式舞踊の告知が出てました
5時半過ぎには終わるのでギリギリ返却時間に間に合うかと思ってたんですが

「今取り締まりが厳しくてパトカーがうようよしてるからやめたほうが良い」

って会場横の木彫りの店で助言されてしまいました。
確かにこんなとこでつかまって免停食らってしまうのは
割に合わないし、どうせラス日にも寄るつもりだったので
泣く泣く古式舞踊を諦めることにしました

ところで、初日なので余り大きな買い物はしないようにって思ってたのですが
この店で色々本の情報を仕入れてしまいまして
コタン中を駆け回って本を買いあさってしまいましたとさ
しかも「アイヌ文化の現在」って、この店主が公演した内容じゃん。商売上手いなあ

まあ、面白い本だったので問題ないですけどね。オススメ

とりあえずこの日はココまで
最近にしては珍しく初日に雨が降っていませんでした
ついに、ココ1年半続いた雨の呪いにピリオドが…!?

そうそう、写真撮るの忘れてたけど
この日の夜、ホテルの近所で喰った
揚げた鯨をすっぱい餡に絡めた丼が
これまた良くてなあ…獣肉天国!!

そんなわけでこの日の戦利品〜
中央の「カムイユカラ」は録音したカセットつき…
だったんだけど時代に合わせてCDも付いてきます。

…初日からでかい買い物をしてしまいました…
コレ一冊だけでも偉い重量だどうしよう

その二
その三


戻る なんかありましたら以下まで… misuzugx あっと excite.co.jp