2005北海道日記その二
Pinkyがいないといやなんジャー…って人は
こちら

そんなわけで二日目です。
明日は朝一で女満別に行くので今日中に
二風谷と白老に行かなくてはなりません。
でも電車だと周るのキッツイし、台風のせいで雨風もすごいので
またレンタカーを借りることにしました。
…こんなことなら一日契約で借りておけばよかったよ…
そんなわけで富川駅に到着です。今見たらPINKY用の写真しかねえでやんの

意外と本数がありますが数時間に一本しかないので略
鵡川辺りまでならもう一寸本数あるんだけどなっ

富川駅からぐぐーっと沙流川ぞいを道なりに進んで
二風谷アイヌ文化博物館に到着!!
衣服の展示方法が引き出し式になってるのが面白いです。
これいいなあ…間近でしかも前後両面から見れるんだもん。
チセを模したブースでのユカラの上映もいいですね
でも、ビデオコーナー。ビデオデッキとVHSが置いてあるだけってのは一寸…

どうでもいいけど雨漏りが酷いぞっと

手前には復元されたコタンがあります。
中に入れそうだったんだけど、はいってよかったんかな?
鍵閉まってたみたいだから入らなかったんだけど、どうよ?

国道はさんだ向かいに魅惑の看板っ!!
今回の旅行ではこの店で飯を食べるのが目的の一つだったのですが
どういうわけか暖簾が出ていません。がっかり

お土産屋のおばちゃんにそれとなく聞いてみたのですが
いつもならとっくに空けてる時間なのでおかしいねえ、とか言っていました
食いたかったなあ…アイヌ料理…
いや、中野のレラチセにいきゃ食えるんだけどさっ場所よく知らんのよ

アイヌ料理は諦めてアイヌ文化資料館にやってきました

一階はアイヌ関連。二階はアイヌ以外の民族資料が集められています
離れに有る別館は農機具などが雑多に置かれているので
資料館と言うより人ん家の納屋のようです。

資料館のかなは撮影OKだそうなので一寸ドキドキしながら撮影
でもやっぱ気がひけますね。

レプンクルウタリは樺太や千島のアイヌ。
フレシサムはロシア人のことを指します。
シサムが倭人をさす言葉であるのと
ウタリが「親戚」と言うような意味であることを考えると

ウタリ→自分たちと同じ人(文化社会形態の近い人)
シサム→自分たちと違う人(文化社会形態の違う人)

…と言うような意味なのかもしれませんね。

赤い隣人ってのは白人の赤ら顔のことを言っているんでしょうか?

資料館の傍らにあるコロボックルの家です。
コロボックル物語を読んでた時は自分でも見れそうな気がしてたもんですが
残念ながらまだ見たことは有りません

ここにも再現されたコタンがあります。資料館の二階から全体が見渡せます

10万もかかってないよー

二風谷小学校前の歩道にあるタイル。
こういうのがなんか嬉しくなってしまいますね。うちにも一枚欲しいです

博物館裏手の二風谷資料館
この日台風の影響か人が全然いなかったので
職員が凄く暇そうでした。

重力式コンクリートダムの二風谷ダムは一寸変わった色彩ですね。
遠目に見るとなんか違う施設のようでした

このまま車で白老まで行く予定だったのですが
二風谷に長居しすぎてしまって返却時間が迫ってきてしまいました
やっぱケチらずに12時間契約にしておくんだったなあ…
車は乗りなれないので時間が全然読めねえや
とりあえず丁度いいタイミングで東室蘭行きが入ってきたので
それに乗って白老アイヌ民族博物館に到着!!
…でも、小康状態だった雨がここに来て急に激しくなってきました…

正面の土産物屋をぬけると巨大なコタンコロクルが出迎えてくれます。
ちゅうかまじででけえ…

博物館を先に見ようと思ったのですが、
丁度古式舞踊が始まる時間だったので
先にそちらに行くことにしました。
でも、どっからわいたんか大量の修学旅行生が来場。
混むのイヤだなあ…とか思ってウロウロしてたら
手前の家の人が「こっちが空いてるよ」って教えてくれたので
そっちで鑑賞することに

周りの修学旅行生がブーたれている中一人で大盛り上がり(苦笑)
顔は平静を保ってますが、心の中では谷岡ヤスジ張りにハナ血ブー状態ですよ

ムックリの演奏見ると簡単に鳴らせそうな気がするんだけど
何度説明聞いてもよくわから無いんですよね。
口の中で反響させてるらしいのですが…わからん

こちらが博物館。ミュージアムショップは本がいっぱいで
どれ買うか散々迷って結局買いませんでした。
だって、あんな本棚三つ分もそろってるのなんて以下略
何も買わないのもアレなのでCDとパンフを買って領収書を要求したら
後ろに並んでいた修学旅行生が集合時間に間に合わないってイライラしてましたよ

小腹が空いたので売店でペネイモをゲット
ペネイモは甘くておいしいですよ。これはまた食べたいな
…オハウは時間がかかるとのことで断念…(閉館時間が略)

閉館時間が近づいてきたので御土産屋で買い物しつつ
白老駅に戻ってきました。でも、次の普通電車一時間後なんですよね
風も雨もきつくなってきて危ないので一寸もったいないですが
一本はやい特急電車で帰ることにしました

この日は夕方から札幌あたりまで足を伸ばして
ああいったそういったいかにも北海道っぽい飯か
メイド喫茶にでも行きたかったのですが
もうずぶぬれだし外に出るのもだるいので諦めました。

写真じゃわかんないけど次の日どうなるのか不安になるぐらいの大嵐です(苦笑)



三日目へ…
一日目へ…



戻る misuzugx あっと excite.co.jp