「え??ココJR稚内駅???あれ??前写真で見たのとなんか違う…」

稚内駅はちょっと前に再開発されたからね
今は駅舎ビルに映画館とかも入ってるんだよ

「…なんか近代的になっちゃってつまんない…」

そんなわけで北の端っこ
北海道は稚内にやってきたのでした

お出かけお出かけ稚内編2012
普通のやつはこちら

「稚内といえば”さいはて”って旅館があるはずなんだけど…」

ざんねん。旅館さいはてはなくなってしまったようです
色々綺麗になってるのは良いけど
事前に調べた情報が微妙に古いと
こういう時困っちゃうよね

「だから新しいガイドブック買おうって言ったのに…」

稚内駅は新しくなってるけどホラ
南稚内駅は以前のまんまだよ

「列車の本数は数えるほどしかないんだね
近くを回るならバスのほうが便利かな」

バスに乗ったらノシャップ岬もあっという間
稚内駅から道一本だしそんなに時間かかんなかったから
もしかしたら歩いてもこれるかもしれないね
帰りちょっと歩いてみる?

「流石に初めての土地でそれはちょっと…」

初めてでもまっすぐだから困んないともうけどね
歩くことより途中にあったコンビニエンスが気になるんだ
だってあれ多分最北端のコンビニエンス

「そしてコレは多分セイヨウタンポポ。額が垂れ下がってるからね」

バス停からちょっと歩いたらノシャップ岬
向こうに見えるのは利尻富士

「ちょっと薄曇りなのに思ったよりはっきり見えるんだね」
「利尻礼文に行くのも予定に入れておけばよかった…」

「…いまからでも…」

ごめんちょっと無理
でもあんなによく見えるとちょっとしまったって思うんだ

近くの寒流水族館と青少年科学館によるついでに
稚内灯台の近くまで来たよ
赤と白のラインが凄く目に付くよね

青少年科学館は稚内で訓練した犬ぞりや南極探検隊関連の展示
タロとジロのしりょうもあるんだよ

そして水族館ではペンギンがおやつを待ってます

そんなわけでノシャップ岬を後にして
稚内駅から見えた丘の上にある
稚内開基100年記念塔を目指すことにしましたよ
もう夕方で薄暗いからなかは入れないだろうけど
桜が咲いてるからまあ多分よし

下から見るとそんなに高い感じしなかったけど登ってみると結構高いよ
まだまだ先は長いのです

そしてうねうねと登っていくとやっと上に到着ー
周りのお土産屋は流石に閉まってるそんな時間

「コレは12人の乙女の碑」
ソ連の進行を受けた樺太の電話交換所で最後まで任務を全うした
少女達の話は有名だよね。
碑に刻まれててるのは最後の交信内容

十五匹の樺太犬の慰霊碑もあるし
氷雪の門は樺太でなくなった日本人達の慰霊碑なんだ

「なんだか慰霊碑ばっかりなんだね」
それは場所柄しょうがない
さて、目的地の記念塔はどこにあるのかな

…あれ?意外と遠い???

稚内公園からさらに上のほうに上がってやっと到着
やっぱりもう閉まってるね

でもココからの眺めは流石に良いね

蝦夷鹿の群れに遭遇してちょっと怖かったよ
回りまっくらだったしね


一日目
二日目
三日目


戻る なんかありましたら以下まで… misuzugxあっとexcite.co.jp