ピンキーストーリー


〜・おでかけ おでかけ・〜

2005GWGW出雲広島日記2005(二) 

・2005/05/01・

ノーマル版がいい人はこちら




そんなわけで二日目だよ。

でも昨日の天気が嘘のように雨が振りまくリ


「…大丈夫…晴れる!!」


根拠のない自身に励まされいざ宮島へ出発です。



フェリーに乗る頃には雨も弱くなってきました。

デッキに上がって遠ざかる宮島口を眺めます。

「やっぱ、乗り物は後部座席だよね」

でもそろそろ宮島桟橋が近づいてきています。

「やっぱ、乗り物は最前列だよね」

前に移動すると遠くに大鳥居が見えてきました



いよいよ上陸。鹿たちを振り切り海岸沿いに進んでいくと…



船から見えてた大鳥居がすくそこにっ

「あそこに記念写真用の椅子が出てるね。撮影ポイントなのかなぁ」



いよいよ厳島神社が見えてきましたよ

「潮がひいてるからこのまま海岸突っ切っていったほうが早くなぃ?」

「やれば?一人で」

「うわっなにそれスゥってば感じワル〜」



昨日の今日なのでさっちんのボケにいちいち突っ込むようなことはしません。

客神殿にお参りをして回廊を進むと去年の台風の爪あとがあちこちに



去年の10月に修理が完了と聞いていたんですけどまだ前部は終わっていないようですね


さて、回廊に沿って進んでいくと能舞台が見えてきました

「あそこに立ったら目立つかな…」

止めてください



「さーて厳島神社も観たしぃ、しゃもじでも買って帰ろうか?」

「あんたさあ…宮島は厳島神社しかないとか思ってない??」

不条理なことを言われたような顔をしているさっちんに半ばあきれ気味のスゥなんだった



「ここなんか結構いいよね」

宮島歴史民族資料館は入口から想像するよりも奥へ奥へと続く蛇のねぐらのような施設です

ぐるっと一回りしたあとは母屋に置いてある交流ノートに感想をかきこみます



その頃古民家に興味の無いさっちんは西松原をブラブラ、清盛神社の前までやって来ました

でも、本人的には砂浜から上がってきた鹿の親子のほうが気になるようですね



「水族館でアシカショーやってるみたいだよ。見に行きたいねぇ」

「宮島水族館といったらスナメリやイロワケイルカでしょうに…」



『あっ…』

雨がきつくなってきました。急いで雨宿りできそうな場所を探します



「水族館にもどる?」

「いや、確か遊歩道を上がったところに休憩所があったはずっ!!」

泥だらけの階段を急いで駆け上がります



でも多宝塔より水族館のほうが近かったのですがそれも後の祭り

休憩所についたときには二人ともびしょぬれです。



とりあえず雨も少し上がってきたので大聖院へ

でも、途中曲がるところを間違えたので仁王門ではなく

観音堂の横に出てきてしまいました。

なんかバツの悪い二人は御成門からこっそり中に入ります



そんなわけで千畳閣にやってきました。

中では子供が怖がって泣きじゃくっていますね。

「ここからなら厳島神社がよく見えるかと思ったけど、それほどでもないね」

よほど上から見たかったのか一寸ご不満



そんなスゥを無視してさっちんはガスガス先に進んでいきます


「やっぱー宮島なら紅葉饅頭だし、バラ売りで一個ずつ全店制覇いきたいし」



流石に全店制覇は無理なので五個入りを何個かかって宮島を後にします

でもまだお昼をまわったばっかなので岩国は錦帯橋にやって来ました。

でも、さっちんは橋よりもまわりで売ってるアイスのほうが気になるようです



「なんかまた雨が降ってきて、チョーだるいんですけど」

雨が振ったり止んだりで一寸さっちんの機嫌も悪くなってきました

スゥとしてもどこかで雨宿りもかねて休みたいところ

「…そうだ、どうせなら山の上にいこうよ山の上!!」

そんなわけでロープウエーにのって城山の頂上にやって来ました…が、

「なにこれっ!!ふざけてるの??」



予想以上にガスっています。流石に唖然とする二人



ドロドロにぬかるんでいる北の丸広場でいちゃついてるカップルの横を通り抜けて

天守閣にやっと到着です。

「あれ?なんでお城たってないのさっ」

そこは旧天守台。現在の天守閣はここより南よりに立てられているのです



「山城って好きなんだけどなあ…ここも鉄筋なんだよね」

「正直どうでもいぃ。住めるわけじゃないし」



しばらく山頂で過ごした後再びふもとへ。
 
公園周辺をブラブラします。やっと雨が上がってきたので

適当にうろつくには丁度いい感じですね。

季節柄花もいっぱい咲いてるのもポイント高いですよ



「?何で佐々木小次郎??」



岩国は佐々木小次郎の出身地といわれているのですよ。

さて、このあたりでなんだかいい時間になってきたので

そろそろホテルにもどるとしましょう。

お土産に岩国寿司をかって再び錦帯橋を渡りバス停へ



「何このバス…しまこうさくとかちょうわけわかんないんですけどぉ」

「…停留所の説明より弘兼憲史の経歴解説のほうが多いってどうなんだろう…」


弘兼憲史も山口県出身らしいですよ。さて、そんなこんなで

聞きたくも無い島耕作の経歴を聞きつつ帰路に着く二人でありましたとさ




ホテルの自販機コーナー兼PCルームを占拠しているカップルに御立腹のさっちん…


続きは後日…

最終日へ…

1日目へ…






戻る なんかありましたら以下まで… misuzugx あっと excite.co.jp