世の中九月連休真っ只中
ちょっと遠くまで行くには混んでいて面倒くさいけど
だからといって土日月の三日間、家の中で腐ってるなんてもったいない!!


「発酵と腐敗の区別って科学的には無いって言うけどどうなんだろね」


まあ、どちらも腐ってることには違いなし
遠く遠くに秋の足跡を聞きながら

まだ夏の香りが残る九月中
なんとなく横浜駅で飛び乗った東海道線で気付いたここは…


ピンキーストーリー

〜・おでかけ おでかけ・〜

九月連休小田原攻め2007

pinkyってなんじゃくいもんか!!って人は
こちら


「なんとなく来ちゃったけどこれからどうしようかな?」

あまり考えずにここまで来ちゃったアコちゃん
とりあえず慌てず騒がず周りを見回します


「そういえばここから箱根のほうにも抜けられるんだよね
でも、今日は山のほうに行く格好してないし」

ん〜としばし考えて、そういえば小田原にはお城があるのを思い出します
そうだそうだそれが良いと思い立ったが吉日娘
地図で位置を確認したらりっくりっくとお城へと向かうのでした

はてさてお城の前まで来ると、
お堀の向こうがなにやらちょっと騒がしい?!

どうやら二の丸広場では今イベントの真っ最中
あまり騒がしいところは通りたくない気分だったから
広場前の橋を通り過ぎ、隣の馬出門のほうへやってきました


今は再建工事中で橋も仮設の鉄板状態


「でも、こっちのほうが静かだしゆったり出来て良いよね」


工事中とはいえいったん敷地に入ると
新品ピカピカ、モロ新築の門がお出迎え

このあたりは昔の地震で崩れたのを積み直してるので
石垣だってまっさらつやつやと新しいんです


「畳と何とかは新しいほうが良いって言うしね
新しくったって何もないより雰囲気あってかっこいいよ」

二の丸広場正面の橋は後から付けられたものらしく
正確にはこちらが正面って事みたい
だけどこっちから入っても結局さっきの喧騒の中
こりゃたまんないねと通り過ぎて天守閣に到着です

中の展示物を眺めつつ、一番上に来ると
小田原の町と海が一望の下にひろがります


「小田原は城下町じゃなくて城内町だったって言うけど
お堀とか埋めずに残しておけばよかったのに」

地図で見るとところどころに痕跡があるんだけど
上から見ても町に埋もれてよくわかりません


でも、大手門ぐらいは残ってないかなと行ってみたら
片足だけ残ってるのを発見してちょっとご機嫌なアコちゃんなのでした

気分がよくなったのでついで早川口遺構にも寄ってみましたが
知らないとただの荒地なのでちょっと微妙な気分です

「…遺構といえば、駅前の地図に一夜城とか書いてあったよね?!」


そうそう、小田原城内の展示でも
お隣早川駅近くの山の上に豊臣秀吉が城を作った
見たいな事が書いてありました
周りを敵に囲まれた上に近所の山の上に城まで建てられる
その嫌がらせチックな戦略はやるな猿め!!
なーんて思ったかどうか、でもなんとなく気になってきたからには
とっとと見に行くしかないってものです
まだ時間も早いし早速早川駅へとむかい、
裏手の石垣山山頂へ向けて出発です!!


…なーんて、勢いがいいのは最初だけ
段々道がなくなってきてちょっとくじけそうな気分です


「でも大丈夫!道は間違えても方角があってれば
…ほら目的地にちゃんと着いたよ」

何とかちゃんとした道路に合流して
無時、目的地の石垣山一夜城公園に到着です


顔では笑ってるけど内心凄くあせっていたんだね
大量に転がってる石垣の残骸でも見て落ち着きましょう?

石垣の残骸を抜けると綺麗な草地が広がり
吹き抜ける風がなんだかとっても気持ち良い


「だけどここからじゃあ周りがよく見えないね
上のほうに上がれば小田原城とか見えるかな?!」

草地の西曲輪からぐるっと二の丸に戻って
そこからさらに上の本丸跡地の展望スペースにあがると
さっきまでいた小田原の町と海が正面いっぱいに広がります

ここからなら二の丸広場もよく見えますね
さすがにちょっとくたびれたのでちょっと休憩


「でも、ちょっとのど渇いたかな
もってきたお茶飲んじゃったし、どっか水が飲める場所…」

周りを見渡すと二の丸の端に井戸の二文字
コレ幸いと矢印に沿って下に下りていくと
なんか思ったものと違う風景がっ

「なんか井戸って言うよりもなんかの鉱山みたい
でも、中で水飲んでる人もいるからまだ水が湧いてるんだね」

さてさて、まだちょっと早いけど
山の上で夕方になると帰りが暗くなって嫌なので
明るいうちにふもとに下りることにしましたよ
何気に来たわりになんだかんだで
しっかり観光くさいことになってしまいましたとさ

観光きぶんで現地ご飯
しっかり食べて今日はただいま



戻る ↑戻る なんかありましたら以下まで… misuzugx あっと excite.co.jp