そんなわけで最終日。昨夜は凄く荒れていた天気も

とりあえずなんとかなったみたい。

でも問題はこっちよりもあっちの天気。


「静内方面通行止めだって。昨日行っていてよかったね」

「良かったって…まあ、いいはいいんだけどいくないなあ」


空港に向かう道すがら、またも凄い土砂降り



でも今日の目的地は千歳近郊ではなく網走なのです


ピンキーストーリー


〜・おでかけ おでかけ・〜

北海道2005〜その三


Pinkyってなんじゃくいもんかってひとは
こちら



着陸できるかどうかわかんないとか言ってたけど

到着してみれば暑いぐらいの晴天です。



「道南は寒いくらいだったのにっ」

「コインロッカー!!コインロッカーどこ??」

荷物を預けたいけどバスが出てしまいそうだったので諦めることにしました



そんなわけで網走駅前に到着。朝よりも雲が出てきましたね。

「荷物も預けたしどうする??天都山行きのバス、後一時間はこないよ」

「ええいめんどうじゃ。レンタカー!!困った時のレンタカーはどこじゃ!!」



鉄のくせに観光経路に電車が使えない時ばかり張り切りやがって…

なんてことを考えてる萌とは関係なく駅レンタカーで

一気に天都山を駆け上ります。

「どうせ最終の飛行機で帰るんだから12時間で借りればいいのに」

ごめん、勢いでつい…


そんなわけで北海道立北方民族博物館に到着です



「タッチパネルの解説モニタ。いろんなところで見るね」

「でも、どこも調子が悪くて反応しないんだ」


居住コーナーのモニターがバグってフリーズしていたのが

ちょっと気に障ったようですね。小学生の団体が遠足できているので

なんか無茶をしてしまったのかもしれません。


様々な北方民族の衣食住の解説をグルーっと周って

最後に特別展の「アイヌの食文化」を見学します


「わたしさあ、前前から食べてみたいものがあるんだよね」

「何??サッチポロ?」

「鮭の身を骨ごと真っ黒に炭になるまで焼いたもので作った汁。

飢饉の後最初に飲ませるものらしいんだけど、なんか興味あるんだよね」


博物館を後にして今度は来た道を下って網走監獄までやって来ました

流氷館を通り過ぎたような気もしますが、急停車は危ないのでそのままスルーです



「あっ」

強風にあおられて思わず転んでしまいました



通り過ぎたとはいえまだ台風の強い風が吹き荒れています

吹き飛ばされ内容に注意しながら入口へと向かいます



「網走って言ったらなんだかよくわから無いけど網走刑務所だよね」

「建物が多すぎてどれから見たらいいのかわかんないよ」



移築・復元含めて大小の建物がたくさん有るので

どれから見ていいのか迷ってしまいます。

とりあえずもらった小冊子に記載されている順路でまわることにしましたよ

庁舎→官舎→休泊所とまわって耕転所までやってきました。



「人形怖いよ」

休泊所の電動マネキンにビビリつつ行刑資料館をぐるっと一回り

「あれ?あれは…」



木立の向こうから五翼放射状平屋舎房が姿をあらわしました。



天井に褌一丁の脱獄囚がいるところですね

「一寸暑くなってきたね。ひとっぷろ浴びたいな」

一っ風呂って、浴場内にはマネキンしかいませんよ



「あ、ココロここ涼しそうだよ」

「…萌…そこ懲罰房…」



底知れぬ悪意を感じつつ

教晦堂に到着。駆け足だったけど一応全部の建物を回ることが出来ました



でも、実は資料館の裏手に移築復元された旧網走刑務所二見ヶ岡農場がっ…

そんなことを知らない二人は出口の売店でお土産を物色して

天都山を後にしちゃいました。


そんなわけでがーっと山を下ってジャッカ・ドフニに到着したよ

でもなんだか様子がおかしいようです。



「なんか人の気配がしないよ」

「もしかして…閉館してる??」



どうも一足早く冬季営業に入っていたらしく今日はお休みのようです

「9月いっぱいは大丈夫ってHPに書いてあったのに…」

やはりネットの情報だけでなく電話での確認は基本ということでしょうか?

しょうがないので次の目的地モヨロ貝塚館にやって来ました



なんか貝塚の前の広場で測量をしています

この辺りまで発掘をするのでしょうか

手前の史跡公園(?)は昨日の台風のせいで中に入ることが出来ません



二箇所連続では入れなくて一寸ご不満な様子の萌


こんなことなら引き換えしてでも流氷館に行った方が良かったような気もしますが

それも面倒くさくなってきたし、ちょっとグダグダ気味になってきたので

一気にサロマ湖まで制限時速完全無視ですっ飛んできました



風が強くて吹き飛ばされそうですが一寸スカッとしちゃった



スカッとしたついでにワッカ原生花園から自転車で砂洲を若さの大爆走!!

…としゃれ込みたかったんだけども

本当に吹き飛ばされそうだったので風景だけで満足することにしました


さてさて、そろそろ日も傾いてきました

そろそろ網走に戻ることにいたしましょう



「凄い波。出崎アニメのようだね」



そんなこんなで能取湖まで戻ってきました。

本当は能取岬に行きたかったけど、飛ばしすぎて

休憩所も曲がるところも通り過ぎちゃった。



戻ってもいいけどトラックが多くなってきたし

暗くなると本気で怖いから断念することに

「えー大丈夫なのになあ」

ココロの自信に根拠が無いのはいつものこと

でも、だんだん肌寒くなってきましたよ。北海道は既に秋


そんなわけで網走駅に戻ってきました。



空港行きのバスがくるまで駅の待合室でTVでも見ながら過ごします。

寒いし売店も閉まってしまってなんだか心細くなってきました


「あっという間の三日間だったね。もっと余裕持って来ても良かったな」

「う〜ん、でも今回は台風が来てたからどっちにしろ

あまり動けなかったんじゃないかな。ほら、特急電車運休してるしっ」


どこまで行っても鉄は鉄

女満別でお土産を追加してたらそろそろ飛行機の発つ時間

ビューっといっきに羽田まで


おうちに帰って「ただいま」をいったら「お帰りなさい」



お土産のトドカレーにちょっと引き気味な右側三人



カレーだけに一部に大好評(笑)


二日目へ…

一日目へ…



戻る なんかありましたら以下まで… misuzugxあっと excite.co.jp